札幌学院大学 電子計算機センター

字幕入り映像教材ができるまで

映像ができるまで

原本お預かり・取り込み→文字起こし→校正→字幕挿入→お渡し という流れがあります。

① 字幕を入れたい教材をお持ちいただきます。(お預かり)
※電子計算機センターにて再生確認をしますので、3分ほどお時間をいただきます。

② 動画をパソコンに取り込み、動画の拡張子を変換する必要がある場合は変換を行います。(取り込み)

③ 複数のスタッフで取り込んだ映像を再生しながら、パソコンのメモ帳に字幕に使用する文字を打ち込みます。(文字起こし)
※映像で話されている言葉を正確に聞き取るために、同じ個所を何度も聞き取る必要があるため、この作業が最も時間を要します。

③で打ち込んだ文章を読み返してわかりにくい表現の部分があった場合、わかりやすい言葉に修正します。(校正)
※会話の中に出てくる口癖(ええと・まあ等)は省略します。
※この作業は文字起こしを複数人で行い、完成させた文章を再度確認し修正することによって個人の文章の癖をなくし、誰が見てもわかりやすい文章にすることが目的です。

⑤ 字幕挿入用のソフトウェアを使って、④で校正した文章を映像の中に入れます。(字幕挿入)

⑥ 字幕挿入後、お預かりしていた映像の原本と共に、字幕を挿入したDVDをお渡しします。
※原本は取り込みの作業以外、手を加えておりません。

これらの作業を行うために、目安として「30分の動画」で最短でも2週間を必要としますので、サービスをご利用されるときはお早めにお越しください。
ご不明な点があれば C102 にある電子計算機センターにお越しいただければ、スタッフが対応致します。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • twitter

窓口時間

平日(休講日除く):11:00~16:50

※コン基礎対応は15:30まで

飲食禁止

PAGETOP
Copyright © 2004-2019 札幌学院大学 サポートデスク All Rights Reserved.