札幌学院大学 電子計算機センター

コンピュータ基礎

コンピュータ基礎相談受付

本サービスは情報科目を履修している学生の支援を目的としています。
現在はコンピュータ基礎A・Bの課題についてのアドバイスを行っています。

「どうしてここはSUMを使うの……?」「インデントがわからない」
「チェッカーに指摘されるけど、直しても原因が分からない……」

といった相談や講義で聞きそびれてしまった時はサポートデスクを訪れてみてください。
講義の性質をそこなわない為に、答えだけを簡単に教えることは出来ませんのでご了承ください。

皆さんが単位を無事取得できることを願っています!!

よくある質問 Q&A

毎年よくある相談内容をQ&A形式にしてまとめました。
課題に行き詰ってしまったらご覧ください。

Word

Q. インデントの仕方
A. インデントを行いたい文を選択し、ルーラにある砂時計を任意の箇所に移動させる。

Q. インデントの字下げの仕方
A. ルーラにある、砂時計マークをダブルクリックして、「インデントと行間隔」→「インデント」→「最初の行」→「字下げ」に設定

Q. インデントのぶら下げの仕方
A. ルーラにある、砂時計マークをダブルクリックして、「インデントと行間隔」→「インデント」→「最初の行」→「ぶら下げ」に設定

Q. タブの付け方
A. タブを入れたい箇所でキーボードの[tab]キーを押す。

Q. タブの設定
A. ルーラの左側にあるタブマークを押すことで変更可能。
詳細な設定を行いたい場合は、タブを挿入後、ルーラー上にあるタブマーカーをダブルクリックして行う。

Q. 配置が違いますと出る
A. 本学の課題は文章は基本的に両端揃えで作成することになっているため、右揃え、中央揃えの指示が無い箇所で配置が両端揃えになっていないか確認してください。
間違いが見つからない場合は、キーボードの[ctrl]と[A]を押して全体選択を行った後、
配置を両端揃えに直して、文章の配置をしなおしてください。

Q. 採点ができない
A. ファイル名が「学籍番号-課題番号.docx」になっているか確認してください。それでもできない場合、担当教員又はTAに相談をお願いします。

Q. 課題提出状況を確認したい
A. こちらのページで確認できます。もしくは、担当教員 又は TAへ

Excel

Q.課題の進め方がわからない
A. HPにある指示文とテキスト関連ページをもとに課題に取り組んでください。

Q.関数がわからない
A. 課題のページにあるテキスト関連ページを参考にしてください。
また、関数式を打つ欄の左側に[Fx]というボタンがあるのでそれを押して、関数検索を行ってください。
例)合計がしたい→キーワードに「合計」と入力し検索。

Q.以上、以下、超える、未満について
A. Bが100以上、以下、超える、未満の場合の表記方法
100以上→100<=B,B>=100
100以下→100>=B,B<=100
100を超える→B>100,100<b
100未満→100>B,B<100
以上、以下については不等号(<・>)に等号(=)が付きます。
超える、未満については不等号(<・>)のみです。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • twitter

窓口時間

平日(休講日除く):11:00~16:30

※コン基礎対応は15:30まで

飲食禁止

PAGETOP
Copyright © 2004-2019 札幌学院大学 サポートデスク All Rights Reserved.